--.--.-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.03.24 (Sat) 02:47

3人だけのお墓参り



3月22日のことです。
私とゆらとりなの3人で 父と祖父母の眠るお墓に お墓参りに行きました。


私ひとりで2人を連れてお墓参りをするのはこの日が初めて。
遠いので いつも必ず夫が一緒でないと行けなかったのですが
りなも2歳になり そろそろ大丈夫なんじゃ?ということで思い切って行ってみました。


2人の好きなおやつと麦茶とポータブルDVDを持って準備万端で望みましたよ。
平日の首都高、乗った瞬間から渋滞で早くも心が折れそうになりましたが
お金払った直後だったんで 下りずに頑張りました。
空いていれば 2時間もかからず着くところを 2時間半強かけて行きました。






0322-2.jpg

今まで 何度もここへお墓参りに来ていますが
私の父のことを しっかりとゆらに話したことはありませんでした。
今回私たちだけでお墓参りをすることになって 初めて ゆらに父のことを話してみました。


ゆらが生まれるほんの少し前に死んでしまったこと。
ゆらにとっても会いたがっていたこと。
頑張って頑張って最後まで病気と闘ったこと。
りながお昼寝してる間に 静かにゆっくりと伝えました。


ゆらが どこまで「死」というものを理解しているか分かりませんが
私の話を真剣に聞いていたゆらは「死んじゃやだ。」と目に涙をいっぱい溜めて
そのうち 私に抱きついて泣き出してしまったので
会えなかったけど今は お空の上からいつだって見守ってくれてるんだよ、と
だから悲しまなくていいんだよ、と伝えました。
明日、お墓で眠ってるじぃじに会いにいこうね、って。


何度もしっかりうなずいたゆらは 決心するかのように
「うん。ゆら行く。じぃじのお墓参り行くよ。」って力強く答えてくれました。





0322-3.jpg

3人でお墓の掃除をして(りなは水に触れて大喜びしてたけど、笑)
父が大好きだった金平糖と 大好きだったメロン・・・は高価過ぎてイチゴで勘弁してもらって
あとは大好きだった干し芋もお供えして 3人で手を合わせました。


「じぃじ、ゆらだよ。会いにきたよ。」
「今度幼稚園に行くんだよ。」
「ドラえもんの映画みたんだよ。」
「ずっと見守っててね。」


たくさん、たくさん、じぃじにお話してました。
そして最後には 
「じぃじ、バイバイ!また来るからねー!」って元気よくお別れのあいさつも出来ました。


お墓参りに行く前に 父のことを話せてよかった。
悲しいことだけど 事実を知って より意味のあるお墓参りになったと思います。
そして またひとつ ゆらの成長を感じることが出来ました。





0322-4.jpg

0322-5.jpg


お父さん。
ゆらもりなも 順調に成長してるよ。
春からは いよいよゆらは幼稚園。
楽しい幼稚園生活が送れるよう、見守ってあげていてね。
9月には なおみがお母さんになるよ。
安産を祈っててね。
お母さんも すごく頑張ってる。
きっともう知ってるよね。
お父さん。
どうか みんなを みんなを見守っていてください。




最後までお付き合いくださり 本当にありがとうございます。


24日からは岩手のお父さんと姪っ子が我が家に遊びに来ますよ!
ゆらがとても楽しみにしてます♪
にぎやかになりそうです。



スポンサーサイト
2012.03.20 (Tue) 17:55

ばぁばが やって来た!



つい先日のこと。
夫が退院した次の週に ばあばと妹が我が家に遊びに来てくれました。
現在祖母と叔父の介護をしてる身である母。
もう、しばらくはこういったことは無理であろうとずっと諦めていたので
今回のこの出来事は 本当に本当に嬉しかったです。


祖母の入院と 叔父のデイサービスの月に1度のステイの日が重なったために実現しました。
祖母の入院は インフルエンザ感染と、心不全と肺炎を併発してしまったためのものだったのですが
96歳である祖母は またしても驚異的な回復をみせ 今ではすっかり元気だそうです。
祖母自身からも また看護婦さんからも 毎日お見舞いに来なくても大丈夫、という言葉をいただき
今回 母の「我が家に1泊」という夢のような話が実現したのです。





0312-1.jpg
【ばあばと一緒にwiiで遊ぶゆら】


ずっとずっと「ばあばに会いたい。」と言っていたゆら。
母が初めて我が家へ来てくれて 本当に嬉しそうでした。


母のところへ行く、ということも出来なくもないのですが
認知症の状態が日に日に悪化している叔父を思うと それもなかなか出来ず。
叔父にとって「知らない人」と思われる私たちが家(祖母の家)にあがっただけでも
「お前ら、おれの家でなにやってるんだ!」となってしまうんです。
母が「私の娘たちよ、遊びに来てるの。だから気にしないでね。」といくら説明しても分かりません。
毎日世話をしている母でさえも 自分の妹だとは分かっていません。


でも、自分の奥さんも我が子でさえも忘れてしまっている状態の中でも
自分の母親(祖母のこと)だけは 忘れていないんですよ。
まるで子供のように「かあちゃん、かあちゃん。」って。
あんなに なにもかも忘れてしまっているのに。
母親の存在って 「絶対」なのですね。。。





0312-2.jpg
【wiiの操作の仕方を説明中・・・苦戦するばあば(笑)】



母も もう若くないし 叔父のこれからの状態を考えると
母一人で 祖母と叔父の世話をするのは 限界なのでは?と心配になります。
祖母の「どうしても(叔父を)施設に預けたくない」という強い意向があって
祖母の目の黒いうちは 「私が頑張るしかないの。」と母は言っていますが・・・
本当に、無理だけはしないでほしいです。


そんなふうに 普段自分のための時間なんて持てない母は 我が家へ来れたことを 
「まるで旅行に来たみたい♪」と心から喜んでくれて 私も本当に嬉しかったです。
もちろん ゆらとりなも ばあばとたっぷり過ごせて すごく嬉しそうでした。




0312-3.jpg
【ばあばにお世話してもらって嬉しそうなりな】


みんなで一緒にご飯を食べて みんなで一緒に遊んで
みんなでショッピングにも行きました。
普段母が出来ないことを出来るだけやらせてあげようと。
ランチの中華では 母は昼ビール♪(笑)
食事も美味しくて みんなでおなかいっぱい食べました。


母がね、何気なくこう言ったんです。
「普通に会話が出来るってことが嬉しい。」って。
私たちが普段しているなんでもないことを・・・
そういう私には想像すら出来ない状況の中で 母は毎日暮らしているのかと思うと
正直 とても胸が苦しいです。
今の私には何もしてあげられないから。。。


でも 今回みたいな機会も出来たわけだから。
きっとまた こういう機会があることを信じて
少しでも母の癒しになれることをしてあげたいと思います。
まずは 妹のベビちゃん誕生が1番かな♪



ばあばとの時間がもう少ないと知ったとき ゆらは泣きました。
長男と別れるときも いつもそうなのですが
大切な人とのお別れのとき ゆらは堪えきれず泣いてしまいます。
本当になんとも悲しそうに泣くもんで 私ももらい泣きしそうなのを堪えるのに必死ですよ。(笑)


また近いうちに会えるといいね。
大丈夫。きっとまた会えるよ。



最後までお付き合いくださり 本当にありがとうございます。


久しぶりの更新になってしまいましたー。
その間も訪問してくださった皆さま、ごめんなさい。そしてありがとう。
夫が退院したあと 確定申告やら幼稚園の未収園児クラスの修了式だったり入園準備だったり。
なんだかバタバタな毎日でした。
幼稚園グッズも あとスモックが完成すれば出来上がり♪
完成したらアップしますねー。
そんなわけで カメ更新のブログですが今後ともよろしくお願いします☆


2012.03.05 (Mon) 23:27

検査結果

嬉しい報告です。
夫の内視鏡検査の結果が出ました。
結論からいうと 十二指腸潰瘍を患ってはいたのですが
状態としては軽度とのことで 薬の治療のみで経過を見ることになりました。


つまり・・・・・たいしたことなかった のですよー! ひょー!嬉しいーーー!!!(感涙)


初めてね 夫の内臓の中の映像を見ましたよ。
もちろん 夫本人だって初めて。
先生もおっしゃってましたが ピンクのとても綺麗なでした。
胃はとても綺麗なのですが 食道と胃の境目が少し炎症を起こしていて
これは 出過ぎた胃酸が逆流してしまう「逆流性食道炎」という症状だそう。
綺麗な胃だからこそ 胃酸が出やすいって先生は言ってましたが・・・そうなのかしら???


それと 十二指腸には穴こそ開いていませんでしたが
腫れたようなただれたような箇所があり そこから出血していたのだろうと。
放っておいたらひどくなって それこそ穴が開いたりしていたかもしれません。
まだ軽い症状のうちに気付くことが出来て 本当によかったです。


そしてそして、なんと! 明日(6日) 退院 です!!
最初に1週間はみていてください、と言われていたので
こんなにも早く退院できることになるとは思っていなく 本当に本当に驚きと喜びでいっぱいでした。


でも 2ヶ月間は完全に 禁酒 だそうです。
それを伝えられた瞬間の夫の あんぐりした顔は今でも忘れられません。(笑)
少しの量ですが 毎日晩酌する人ですからね。
辛いだろうけど耐えなくちゃね!ね!夫!


それにしても・・・・・本当によかった。
先生の話が終わったあと 本当に心からホッとして何度も何度も
「よかったね。」って 夫とうなずきあいてましたよ。
もう、入院初日の夜 一人アホみたいに泣いた私は本当アホだったわー。
みなさん、アホな私をどうぞ笑ってやってください。(笑)


ちなみに十二指腸潰瘍の原因の90%は「ピロリ菌」なんだそうです。
夫の年代の人はみんなほぼ持っていて ストレスや睡眠不足などで抵抗力がなくなったときに
そのピロリ菌が悪さをして このようなことになってしまうそうです。
なので ピロリ菌がいた場合 完全に除去するまで治療をやめてはいけないと。
途中で止めてしまうと 癖になり繰り返してしまうそう。


今後の生活も見直さないといけませんね。
胃酸が出過ぎない消化の良い食事を心がけて 睡眠もしっかり取るようにして。
そしてストレス・・・・・私がストレスを与えた可能性は大きいですから。。。
私のストレス発散のはけ口にしちゃってたし。。。
私は 無駄に歳だけ重ねてないで 中身をもっと大人にしないといけません。
もっと 夫を労わってあげないといけません。
今回のこと、本当にいろいろ反省させられました。


そして月並みかもしれませんが 当たり前に送ってる毎日は
決して当たり前のものではなく とてもかけがえのないものなのだということを
深く再認識させられました。
当たり前の毎日を もっともっと大事にしなくっちゃいけません。
当たり前に ただ毎日を過ごすのではなく
いつも通りの毎日に感謝し
いつも通りに毎日を過ごせるよう 日々努力しないといけないのですね。


さあ、頑張らなくちゃ!


夫のことで心配してお声を掛けてくださった皆さま
本当に本当にありがとうございました。
気持ちが本当に折れていたときだったので すごーーーく救われました。
皆さまに 今日の報告ができたこと 本当に嬉しく思います。
本当に ありがとうございました。



2012.03.05 (Mon) 03:38

お絵かき



夫が入院した次の日。
病院へ行く前に みんなで夫に届けるための絵を描きました。




0304-2_20120305021722.jpg

もちろん りなも。
2歳になる頃にはすでに顔の絵を描いていたゆらと違って
一向に絵心の芽生えないりなでしたが ここ数日でようやく顔の絵を描くようになりました。





まずは ゆらの絵。

0304-3_20120305021722.jpg

お父さんの似顔絵と 「げんきになってね」のメッセージ。
ピンクのハートもあしらって。






そして リなの絵。

0304-4_20120305021721.jpg

(笑)
って、笑っちゃダメよー。(笑)
落ち武者とか言っちゃダメー。(笑)
ちょっとまゆ毛濃いめだけど、ちゃんと顔でしょう?
おそらく・・・多分、夫なんです。


この絵を夫に渡したら 「おおー!」と感激してとっても喜んでくれました。
食事どころか水すらも飲めない、ひたすら点滴で長い1日を過ごしてる夫の元気の源に少しでもなれますように。






さて。ここで少し成長記録を。
りなが ここまでちゃんとした顔を描けるようになったのは
本当に今日が初めてだったんですよ。
ほんの少し前まで いつもぐちゃぐちゃな絵で 「何を描いたの?」って聞くと
ものすごい笑顔で 「ぐちゃぐちゃーってかいてるの♪」って答えてた。
自覚はあるんだな。うん。


そのぐちゃぐちゃが少し進歩して 今度は

0304-5_20120305021721.jpg

ひたすら 小さい丸を いくつもいくつも描き出した。
いろんな色を使って いろんな色の小さい丸をいくつもいくつも。
「何を描いたの?」ってまた聞くと 今度もものすごい笑顔でものすごく満足そうに
「ちっちゃい丸、かいてるのー♪いっぱい、いっぱいかいてるの♪」って答えてくれた。




その小さい丸が進歩して 今度は

0304-6_20120305021721.jpg

顔らしきものが!
りなに「何を描いたの?」って聞くと ついに・・・「おとうさんとおかあさん!」って!




それが・・・

0304-7_20120305021818.jpg

↑これなんですけどー。
解説を入れないと 大変分かりづらいのですが  なんですねー。
ええ、ええ。ブーイングが聞こえてきますが顔なんです。
ちゃんと説明してくれましたもの。
「これがー、めとー、はなとー、くちー!!」って。
横に1本引いてあるそれが口なんですね。
夫と私、縦に連なってます。ええ。相当な至近距離で。
で、輪郭なし。
だから 顔だと分かりづらいんですねー。


この輪郭なしの顔を数日描いたあと・・・そう、それが今日!
いよいよ輪郭を描き始めたのです!

0304-8_20120305021818.jpg

↑こんな感じで。
えっとー、もののけに出てくるー・・・あれ。
コダマ でしょうか。


いやいやいや。上手に描けてますよね!ね?!
もうね、初めて輪郭付きの顔の絵を見たときには ゆらと2人ですんごい喜び合いましたよ。
ゆらも嬉しかったようで 「りなちゃん!すごい!顔、描けたじゃん!!すごいすごい!!」って
褒め称えていました。(笑)
ホント、ここ10日くらいで一気に上達する姿を見せてくれましたー。




一方ゆらは 最近ではスケッチするようになってきました。

0304-9_20120305021817.jpg

例えば ↑こちらはピカチュウ。
家にあるマックのおもちゃのピカチュウを見ながら描いたもの。
鼻をかき忘れて あとから「鼻忘れてたー。」と慌てて書き足してましたけど。




他にも

0304-10_20120305021817.jpg

ドラえもんだったり




0304-11.jpg

ミッキーやミニーだったり。(左上がミッキーで左下がミニーです。ええ。そうなんです。)
ミッキーは 何やら怪しい角らしきものが生えてますが。(笑)
右上はフレッシュプリキュアのシフォンで
右下はナウシカに出てくるテトですよ。


他にもテレビを見てるときなど 見ながら出てくるキャラクターの絵を描いたりしてます。
でも 一向に顔だけなんですねー。
「体は描かないの?」って聞いたら 「体は難しいんだよね。」って笑って答えてました。(笑)
大変なことはやらない主義ですね。はい。


季節は寒い冬だったこともあって お絵かきをすることが多かった2人。
ものすごい勢いでじゃんじゃん絵を描きあげていくのはいいのですが
その絵を描きあげるたびに 壁に貼ってくれっていうので

0304-12.jpg

部屋の壁が こんなんなってます。
ちなみにここだけではありませんよー。
子供の絵、捨てるに捨てられないし飾ってくれって言うし貼る場所ないし
どうしたらいいんでしょうね???
貼り切れない絵は仕舞ってますが・・・あとでコソっと捨てる?
悩むところです。



長くなりましたが 最後までお付き合いくださり 本当にありがとうございました。


夫、明日(もう今日だわ)内視鏡検査です。
生まれて初めて経験する内視鏡検査にビビってましたがしっかり診ていただかないと。
たいしたことないといいのだけれど。
祈るばかりです。。。


2012.03.03 (Sat) 23:50

夫 入院



3月3日 ひな祭りのお祝いをするはずだったこの日に
急遽 夫が入院しました。


それは2日の夜のこと。
アスファルトのような色の真っ黒な便が出た、と夫。
「黒い便」=「体内のどこかで出血の可能性大」
妹の旦那さんが まさに「黒い便」の経験者で 
そのとき十二指腸潰瘍からの出血だったという話を聞いていたので 
3日 恒例の年に1度の健康診断を受けたあとすぐに近所の消化器系の病院に行きました。


診察してもらった結果 市立病院へ行って検査してください、とのことで市立病院へ移動。
ゆらの「病院終わったから ひなまつりケーキ買いに行く?」との問いに
「ごめんね。また違う病院へ行かなくちゃいけないの。」と返事しながら車を走らせました。


もうこの時点で 妹からの話も聞いていたので ほぼ入院になるだろうとは思ってはいたのですが
あまりに突然のことで 信じたくない自分がいて どこかで一緒に家に帰れる可能性を捨てきれずにいました。
だってね 本人自覚症状がまったくなかったんだもの。
あの日の晩だって 普通に食事して本当に普通に過ごしてて。
次の日 こんな事態になってるなんて これっぽっちも想像できなかったから。。。


検査は月曜日だそうです。
もっと早くに検査して欲しいと私は言ったのですが
血液検査の結果や夫の状態をみて 至急の検査を要するほどではないし
土日の人が少ないときに検査をすることはデメリットの方が大きいと。
先生にそういわれたら 「はい。」っていうしかないですもんね。


夫の症状から考えられる病気は十二指腸潰瘍や胃潰瘍。
そうだとハッキリ分かれば ちゃんと治療すれば治るものなので安心なのですが・・・
検査をしてない今 他の怖い病気の可能性がまったくゼロなわけではないので
今はただ 一刻も早く 
「なんてことないよ。すぐ治るよ。」という お墨付きの答えが欲しいです。。。


ひなまつりのお祝いを楽しみにしていたゆら。
入院が決まって お父さんが一緒に家に帰れないと知ったとき 泣きました。
病院では大きな声を出しちゃダメと言っているので 堪えながら泣いていました。
自分の病院のときのように 診察が終われば一緒に帰れると思っていたのでしょうね。
家に帰ってからも 思い出すとまた泣いていましたが
りなが そんなゆらの泣き顔を笑顔に変えてくれていました。
「ゆらちゃん、泣かないで。あたしがいるから。だーぼーぶ(大丈夫)だよ。」ってゆらの頭を撫でながら。
2歳4ヶ月のりなが 4歳6ヶ月のゆらを慰めてるんです。(笑)


本当言うとね、私だって泣きたい。
病気らしい病気なんて 今まで1度もしたことなくて 健康診断の結果だっていつもAばかりで
絶対健康だと信じていた夫の突然の病気。
正直今も 不安でいっぱい。。。
子供たちに伝わったらいけないと 子供たちの前ではずっと笑っていたけど。
本当は 泣きたい。


なんて。こんなんじゃダメですねー。
今日だけ。今日だけメソメソさせてください。
夫のいない夜がこんなに淋しいものだったなんて。
初めて知りました。


どうか。
どうか 夫の体に起こっている異変がたいしたことではありませんように。
今の私をアホよねと笑い飛ばせますように。
早く夫がおうちに帰ってこれますように。
どうか。
おねがいします。








Information

訪問ありがとうございます♪
お気軽にコメント残してくださいね。


Profile

りえ

Author:りえ

長女ゆらと次女りなの成長を写真とともに
のんびりと綴っています。
  • 詳しくはこちら→

*My Photo Gallery*
Instagram


*How old is Yura?* *How old is Rina?* *A wedding anniversary*
*script by KT*

*おうちblog*


* 我が家のおままごとキッチン* おままごとキッチン(クラシック・ワイド・バニラ)・キンダーガーテン
ゆらの2歳の誕生日プレゼントです♪


calender



Recent Comments


Categories

全記事一覧を表示します


Archive

08  01  12  11  10  08  07  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  02  10  09  08  05 


Banner links


Others


MAIL

name*
mail*
title*
message*


Instagram

test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


PHOTOGRAPH



  子供の笑顔が溢れてる素敵な写真集
「Smile&Smile」
どうぞご覧になってください♪



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...